ひとり親とその生活支援について

こどもの笑顔弁当

「こどもの笑顔弁当」とは、全国の困窮するひとり親家庭に無償でお弁当を届けたいという想いから始まった活動で、2020 年 7 月の時点で東京都 8 区のひとり親家庭に支援者様からのメッセージ付お弁当を週 6 日間届けることに成功しています。

ただでさえひとり親家庭は不自由のない生活を送るのが簡単でないのにもかかわらず、新型コロナウイルスの影響で、さらに多くの家庭が大変な思いをしながらこの苦境と戦っています。

そんなこのコロナ禍で一生懸命に戦っているひとり親家庭を少しでも支えたいという想いから始まったのがこの「こどもの笑顔弁当」です。

そんな「こどもの笑顔弁当」の実情と今後についてお話ししていきます。

こどもの笑顔弁当の実情

現在の配達エリアでは、ひとり親世帯数が多い区をカバー出来ていません。以下の表は、23 区別のひとり親世帯数です。

たくさんの支援者様のおかげで多くのひとり親家庭にお弁当を届けること成功していますが、まだまだ私たちの支援が行き届いていないひとり親家庭がたくさんあります。

こどもの笑顔弁当に対する配達家庭からの声

この活動をしていて、配達家庭から以下のような声を頂きました。

他にも、このコロナ禍で収入が半分以下になってしまった方、半分以下どころか解雇になってしまった方、さまざまな苦境から鬱のような状態になってしまった方などがいらっしゃいます。たくさんのひとり親の方々が大変な思いをしています。先が見えず不安、明日すらちゃんと生活できるかわからない、そんな方々の光に少しでもなれればなと思っています。

支援の継続について

実際、どれくらいの家庭が支援の継続を必要としているのか、アンケートを取りました。以下の円グラフがその結果です。

このデータから、半数以上のひとり親家庭がこのコロナ禍で経済的に困難な状況であるということがわかります。この半数の家庭に支援し続けるにはやはりたくさんの支援や協力が必要となってきます。

今後、こどもの笑顔弁当の配達が拡大する可能性はあるのか?

配達の対象エリア外の方からはこんな声を頂いております。

こちらにあるように、さまざまな地域の方々が「こどもの笑顔弁当」を必要としています。また先程の円グラフが示すように、たくさんの家庭が継続しての支援を必要としています。これらを達成するため、私たち「こどもの笑顔弁当」のスタッフは一丸となってこの活動を行なっていきます。少しでも多くの方にこの活動を支援してもらうため、そして少しでもたくさんのひとり親家庭の方にこの活動を知っていただき支援を行き届かせられるように、私たちは日々尽くしていきます。

この記事がその一助となれば幸いです。

この記事が気に入ったらシェア!
最新記事
おすすめの記事